エアラインスクールTOEICスクールCAになるには?合格者インタビュー現役CAインタビュー講師インタビューCAになるための留学後悔しない文系女子の就活

カタール航空CA採用面接と2016-17合格対策。現役CAによる合格のヒミツ。

カタール航空CA採用面接と2016-17合格対策。現役CAによる合格のヒミツ。

エアラインスクールへの
お問合せ

カタール航空客室乗務員の採用就職面接に強いアイザック・エアラインスクールで外資系航空会社をはじめ2,000名合格!

現役のカタール航空CAによる就職採用面接対策や魅力についてご紹介します。

 

カタール航空キャビンクルーの魅力は?

現在カタール航空は世界150以上もの都市に就航しており、日本人クルーもその全てのフライトに乗務しています。羽田、成田の日本線では日本人クルーとして、その他全てのフライトには国籍は一切関係なく一人のクルーとして他のクルーメンバーと共に乗務します。

 

クルーは毎回フライトごとに変わり、まさに一期一会の出会いばかりです。たった今自己紹介をしたばかりの、国籍もバラバラな仲間と一つのチームとして乗務するため、お互いを尊重し合い、その出会いに感謝しながら努めています。フライトを終えた後には、数時間前に知り合った仲とは思えないほど仲良くなり、レイオーバー先でも限られた貴重な時間を共に過ごします。そして「また一緒に飛べたらいいね」とそんな話をしながらランディングを迎え、とても幸せだなと感じています。

 

お客さまに"Thank you"と言ってもらえる仕事

お客様ももちろん、毎回のフライトごとに様々です。初めて飛行機に乗るお客様、お化粧室の使い方がわからないお客様、挙げたらキリがないほど様々な方が一つの飛行機に乗っておられます。初めはカルチャーショックの嵐でしたが、一つ一つを吸収して目の前のお客様の気持ちに寄り添えるよう努めています。

 お客様が飛行機を降りる際、一人ひとりのお顔を拝見して、そのお客様との会話や出来事を思い出しながら”Thank you very much, see you next time!” と笑顔でご挨拶ができるこの瞬間が、私の一番大好きな時間です。お客様も”Great hospitality!” “I like your service” “See you again” などと声をかけて下さる方もいて、大変大きな励みにさせて頂いています。

 このどれもがカタール航空でしか味わうことのできない経験だと思いますので、今の時間を大切に今日もどこかへ飛んでいきます✈✈

  

ドーハでの生活は?


私たちカタール航空のクルーは全員カタールの首都ドーハをベースとして世界中に飛んでいるため、もちろん住んでいる場所はドーハです。

 

渡航する前から会社が住む家や必要最低限の生活用品(ベッドをはじめキッチン用品なども)を用意してくれているので、基本的には安心して渡航できます。…が、渡航日が急に言い渡されることが多いようで、私は10日前に案内をもらいました() 

 

お家ではルームメイトとのルームシェアになるので、休日は一緒に食事やフライト先の情報交換をするなど、家族のように過ごします。

夏は3秒も外に立っているだけでメイクが崩れてしまうほどに暑くなりますが、日本では味わうことのできない中東ならではの雰囲気を体験できることが出来ますよ✈✈

 

 

カタール航空のクルーになるまでの流れは?

カタール航空の採用プロセスは以下のようになります。

 

書類選考

 ↓

1次審査(アームリーチと英語の筆記試験)

 ↓

2次審査(毎回形式が異なるようですが私が受験した20152月はパブリックスピーキング)

 ↓

最終審査(面接官2人の個人面接)

 ↓

ファイナルを通過した方のみメディカル

 

1次審査から最終審査までは一日で行われ、もちろん試験中は全て英語です。各審査に通過できなかった方から順に帰され、残った受験者のみで続行します。

 

カタール航空はグルーミングとメディカルが特に厳しいと思われるので、書類と共に提出する写真(顔正面+全身+全身正面ジャケットなし)は、しっかり規定に沿ったものを準備すること。

また、肌の傷はしっかりコンシーラーで隠すことをお勧めします。メディカルに関しても、アームリーチにあまり自信がない方は少し前から整体に通うなどして対策をされると良いかもしれません。

 

面接に関しては、人それぞれ聞かれる内容も面接官の態度も様々なようで(私の時は超圧迫面接で、終始宗教についての内容の質問でした)、自信をもってはっきり自分の思ったことを素直に話すことがポイントだと思います。

 

もちろん、常にニコニコすることだけは忘れずに。特に1次審査のアームリーチの審査の際にするほんの一瞬の面接官との会話で、その人の雰囲気、表情そして人柄を見られるのでそこが合否を分ける一番のポイントかと思います。また日本人らしさよりも、とにかく世界中のクルー達と一緒に働く強さが求められます。

 

ファイナルが終わってからのフローは人それぞれになりますが、私の場合メディカルの案内を頂くまでに4ヵ月も待ちました。特にメディカルチェックは項目もたくさんあり、空の上で働くことは身体にも大きな負担になるため、渡航してからも厳しい健康診断も行うので最後まで気が抜けません。グルーミングにも相当厳しい会社なので、目立つ傷跡がある方は早めに処置等をすることをお勧めします。

                                                                                    

最後に

客室乗務員の仕事は、世界中から集まるクルーと世界中のお客様を相手にお仕事をするので、強くないとやっていけないと初めはそう思っていましたが、大学4年在学中から入社した私はこの8か月で見違えるほど自分に自信がついたように感じ、とても嬉しいです。

 

特に、海外経験のある方で英語に自信のある方は、自分を大きく成長させてくれるカタール航空にも、ぜひ興味を持っていただけると嬉しいです✈✈

 

エアラインスクールへの
お問合せ

資料請求(無料)

2017年最新版!客室乗務員2,200名合格のノウハウが満載!
このエントリーをはてなブックマークに追加
エアラインスクール TOEICスクール・教室 法人向けレッスン
2017年最新版!客室乗務員2,200名合格のノウハウが満載!
TOEICマンツーマンコース
TOEIC短期5日間集中講座
サイトマップ(全記事/全タグ一覧)